壁ドンがバブル期を迎える

“壁ドン”絶賛進化中!
 現在、大手書店などで開催された“壁ドン”フェア(“壁ドン”が登場するマンガのフェア)も盛況で、さまざまなマンガにありとあらゆる“壁ドン”シチュエーションが盛り込まれるなど、ちょっとしたバブルの趣すらある。

 この、“壁ドン”表現のバリエーションは、まさに百花繚乱で、ちょっとおもしろいことになっている。ガラス越しに2人の男子に壁ドンされる「壁ドンサンドイッチ」(『私たちには壁がある。』築島治)などは、「あー、いいの思いつきましたね!」と感心するほかない、ナイスな派生である。このほか、派生型には、「床ドン」「股ドン」「足ドン」「手首ドン」「肘ドン」「両手ドン」なんてのもあるようだ。

こんな記事がニュースにありました。

昔から壁ドンは女の子の憧れですよね。

しかし本当に今はCMでも壁ドンが描かれゲーム化までする始末。

まさに壁ドンバブル期と言ってもいいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする