マリオラン1200円は高いのか

「ポケモンGO」に匹敵するゲームとなるか

任天堂のスマートフォン(iOS)向けゲームアプリ「SUPER MARIO RUN(スーパーマリオラン)」が2016年12月15日(米国時間)、ついにリリースされましたね。

「ポケモンGO」を超えるとの予測もあり、さっそく大きな注目を集めているようですが、日本のネットユーザーの間では「全プレイには1200円」という設定をめぐり、議論が巻き起こっているようです。

スーパーマリオランに対するユーザーの声

twitterなどでは以下のような意見が飛び交っているようですね。

「マリオラン全部のワールドやるのに1200円もかかるとか聞いてない」
「めっちゃたのしみにしてたのになんで3までしか無料じゃないの」
「無料配信なのに1200円払わないと進めないのかよ、クソゲーじゃん」
「搾取する気満々やな任天堂」

うーん・・ま、本来はゲームって有料で売っていたわけですが、昨今はゲーム中の課金と広告費というのがゲームの売り上げというのが一般的な見方となっているようですね。

ポケモンGOと比較されているわけですが、ポケモンGOも課金アイテムはあるわけでどちらが良いかということでしょうね。

評価は様々

「買い切り型1200円」は、日頃お金をかけないでスマホゲームを楽しんでいる層にとっては多少のハードルとなってしまうようですがアイテム課金に慣れている人たちの多くは「1200円払いさえすれば、追加課金なく全て楽しめる」という意見の人が多いようです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする