病院ってなんで非を認めないの!?

不妊治療を手がけていた大阪市立総合医療センターで、患者の知らないうちに精子の凍結保存が打ち切られていた。

「絶対に子どもがほしい」。そう願っていた妻は、夫からその事実を知らされて、泣き崩れた。

大阪府池田市の会社員、Aさん(30)は2003年、同病院で血液の病気の骨髄異形成症候群と診断された。当時は18歳。治療のために放射線治療を受け、抗がん剤を服用することになった。副作用で精子のもとになる細胞がなくなる恐れがあったため、両親や医師の勧めで03年12月に精子を凍結保存した。保管費用は無償だった。

 9年後の12年12月、交際していた現在の妻(28)と同病院を訪れた。Aさんは「子どもが自分と同じ病気になるかもしれない」と子どもについては消極的だったが、「女性に生まれた以上、絶対に子どもが欲しい」と説得され、「父親になりたい」と考えるようになっていた。

「すぐに移管先を見つけるのは無理かもしれないので、それまで管理してもらえますか」と尋ねると、産科部長は「勝手に破棄することは100%ない」と言ったという。この点について病院側は否定している。産科部長によると、13年3月末までに移すよう求めた上で、「期限が来たらピタッとやめるわけじゃない、とは言った」という。

 「結婚するまで、置かせてもらおう」。そう話した2人は、今年1月に結婚した。凍結精子を移せるクリニックを見つけ、4月に同病院に問い合わせた。翌日、職員から電話があった。「移管をお願いしていたが返事がなく、管理が行き届かない状況になった。使用に関して医学的には担保できません」

 「あかんて」。Aさんが事情を伝えると、妻は泣き崩れた。「あかんてどういう意味? 何でなん?」

yahooニュースより抜粋

ひどい! 私も不妊治療経験者です。
ニュース読んで涙が出ました。

もちろんニュース記事なので事実関係はわかりませんけど、病院というところは非を認めないイメージがあります。
損害賠償やら責任的な問題はわかりますよ、でも命をあずける病院だからこそきちんと謝罪してほしいです!

この問題が事実なら完全な人為的ミスで人の人生を台無しにしてるんです!絶対許せない!
しかもそのうえ謝らないなんて考えられない!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする