整形モンスターの将来はいずこへ

HKT48とAKB48を兼任する17歳の宮脇咲良が、15日放送の『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)に出演。「急に顔が変わった」と話題だ。

 この日、AKB48は新曲「僕たちは戦わない」を披露。パフォーマンス中、宮脇の顔がアップになると、ネット上では「また、目が変わった」「涙袋入れすぎ!」「あからさま」「まだ17歳なのに……」といった声が殺到した。

宮脇といえば今月4日、プロデューサーの秋元康氏が「755」で、「咲良が、香取慎吾さん、草なぎ剛さんのお芝居を観たいと言うので、一緒に行って来ました」と、人気舞台『burst!~危険なふたり』の観劇を報告。ジャニーズファンによる目撃情報によれば、2人にはプレミアムシートが用意されていたという話も。同公演のチケットが入手困難であることから、秋元氏に“おねだり”した宮脇に対し、バッシングが相次いでいる。

サイゾーウーマン

そんなこんなで、バッシングで整形モンスターなんて呼ばれちゃってるみたいです。

確かに整形というものに対しては賛否両論あるでしょうね。

きれいになることで、その人が明るくなったり自信が持てたりと、心底幸せになれるなら全然ありだとは思いますが、今まさに書いた「自信を持つ」というのがいい方面ならいいのですが・・・

綺麗だから自信があるというのは諸刃の剣ですよね。。。

自信と過信は違うと思いますので。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする