スマホ依存、夜型生活の女子はメタボになるから注意

4月8日グリコ乳業が「メタボリック症候群」と「プロバイオティクス」に関するセミナーを開催しました。

生活の時間帯とメタボリックについて正しい知識を得ましょう。

そもそもメタボリック症候群とは何なのか?

実はいくつかの条件というものが存在します。
それらをいかに記載しますが、逆にいうと太っている人でも、1~3の項目がまったく当てはまらなければ、メタボリック症候群とは診断されません。

1・中性脂肪が150mg/dl以上、HDLコレステロール40mg/dl未満(どちらか、または両方に当てはまる)
2・空腹時血糖110mg/dl以上
3・収縮時血圧130mmHg以上、拡張時血圧85mmHg以上(どちらか、または両方に当てはまる)

スマホが原因でメタボになる

近年、問題になっているのは、寝る前のスマホチェック。

体に光を浴びると昼と感じるので、ベッドの中でスマホを見ていると、目から入った光が影響して、眠りについた後も熟睡ができなくなってしまうのです。

夜型生活でメタボになる

夜遅く食事を摂ると、食事から就寝までの時間が短いので、エネルギー消費が少ないために太る原因になります。

脂肪細胞から分泌されるレプチンという物質は、食欲の抑制やエネルギー代謝の促進に働くのですが、夜遅い食事が習慣化すると、このレプチンの作用が低下し、血糖値や中性脂肪の値が上昇しやすくなり、メタボリック症候群を招く原因となるのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    とはいうものの寝る前はスマホ見ますよね・・・
    まあ極端じゃなきゃいいのか