運動するなら食事の前

運動で使うエネルギーは、【糖と脂肪】です。

食事の前は「糖が減っている状態」ですので、脂肪をエネルギーとして使いやすいのです。

通常、エネルギーの源は【血糖(血液中のブドウ糖)】なのですが、空腹時はその血糖が少ない為、予備のエネルギー源である【脂肪】が使われるのです。

その為、効率よく脂肪燃焼をしてくれるという訳なんです。

ただ、朝起きてすぐの運動は注意が必要です。

朝起きた時は体内の水分が減っていますので、そのままの状態で運動をしてしまうと脱水症状になってしまったり、そのような状態でジョギングなどをしてしまうと血管が詰まってしまってしまったりと、様々な影響を及ぼしかねません。

1番おすすめな時間帯は、夕食前!

お腹が空いていて脂肪が燃えやすいのが、夕方の運動らしいです!

空腹時のエネルギー源は【体脂肪】と思うと、食事前の運動も頑張れる気がしますよね♪

暑い時期はこまめな水分補給をお忘れなく!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする